院長挨拶
当院は初代院長 田中庸介が昭和39年4月に開業し、それ以来45年あまりにわたって地域医療に貢献して参りました。

現在は2代院長 田中庸生(つねき)が継承し、初代(庸介)は副院長として、職員スタッフ10名と共に診療を行っております。

当診療所の基本理念である「安心できる診療所」「患者さんにやさしい診療所」 をモットーに掲げ、今後も地域に根ざした信頼をいただける診療所、患者さんに親しまれる診療所を目指して邁進してまいります。
医師の紹介
院長 田中庸生(たなか つねき)
◇経歴
 1986年 兵庫医科大学卒業
 1991年 兵庫県立姫路循環器センター勤務
 1997年 医学博士号取得
 1996年より 田中外科医院勤務
 2005年 田中外科医院院長・理事長に就任
◇所属学会・専門医など
  日本外科学会・日本内視鏡学会
  外科学会・内視鏡学会専門医
スタッフ一同

副院長 田中庸介(たなか ようすけ)
◇経歴
 1954年 京都大学医学部卒業
 1955年 京都大学病院外科
米子博愛病院
大和高田病院に勤務
 1961年 医学博士号取得
 1964年 田中外科医院開業
 1994年 丹波市(旧氷上郡)医師会長並びに兵庫県医師会
理事など歴任